*重要なお知らせ* センター名の変更について

令和4年度より、センター名を「東京アール・ブリュットサポートセンターRights(ライツ)」から、「東京アートサポートセンターRights(ライツ)」に改名いたします。

<センター名の変更について>

厚生労働省の「障害者の芸術活動支援モデル事業」(平成26年度~28年度)では、美術分野のみを支援対象として始まりましたが、同省「障害者芸術文化活動普及支援事業」からは舞台芸術分野も対象となり、その後「美術、音楽、演劇、舞踊等の多様な芸術文化活動」へ広がっていきました。東京都「障害者芸術活動基盤整備事業」においても、令和3年度からその対象分野は同様に「多様な芸術文化活動」とされています。これらの経緯から、美術分野を想起させる「アール・ブリュット」という言葉を「アート」に置き換えることで、さまざまな芸術活動をライツが支援していくことを目的とし改名することといたしました。

また近年、ライツの相談窓口には、既存の枠には当てはまらない多様な表現に関する相談が増えていることも実情です。私たちは、これらの「多様な表現」をサポートし、「多様な表現を享受する社会」へと発展することが、障害の有無を問わず、誰もが自身の人生を謳歌する共生社会へつながる大きな原動力となると感じています。これからもライツは、分野を問わず、障害者のあらゆる表現行為に広く目を向け、表現活動を通して障害のある方々が社会とつながる取り組みを目指していきます。

※4月21日現在、本ウェブサイトではセンター名が一部改名前のものとなっていますが、改訂作業を順次進めております。※

おすすめコンテンツ

  • イベントに参加する
  • Rightsラジオ
  • 写真でRights